ひな祭り

3月3日。桃の節句。女の子のお祭り。
ひな人形をかざり、菱餅・白酒・桃の花などをそなえる年中行事のことをいいます。
特徴が全く違いますので、雛人形を選ぶ際には、最初にどちらを購入するかを選んでおくと良いでしょう。

もともとひな祭りは、女の子のための行事ではありませんでした。
ひな祭りの歴史は古く、平安時代の中頃(約1000年前)から始まりました。その時代の人々は、3月の初めの巳(み)の日に、無病息災を願ってお祓いをする行事を行なっていました。陰陽師を呼んで、 天地の神に祈り、食物を供え、人形(ひとがた)に災いや凶事を託して川や海に流すのです。 この風習は、今でも、各地の“流し雛”の行事にその面影を残しています。

また、そのころの宮廷の婦人や子どもたちの間では“ひいな遊び”という遊びが行なわれていました。紙で作った人形と、身のまわりの道具をまねた玩具で遊ぶもので、いまの“ままごと遊び”のようなものです。このことは、紫式部の「源氏物語」や、清少納言の「枕草子」の中にもその記載が見られます。

この無病息災のお祓いと” ひいな遊び “が結びついて、” 上巳の節句 “として定着したのが、現在の『ひな祭り』の起源です。
現代でも、ひな祭りには、我が子の健やかな成長と幸せを祈って雛人形を飾ります。

ひな人形の基礎知識

■初節句とは何ですか?
ひな祭りは、元々は、年齢を問わず、女性のお祭りとして行なわれていました。そして、江戸中期頃から、女の子の誕生を祝って行なわれる初節句が盛んになり、それが現代に引き継がれています。 初節句は、子供が生まれて初めてのひな祭りですから、本来は3月3日に生まれても、その日が初節句です。しかし実際のお祝いは、お宮参り(生後30日前後)を基準とし、生まれて初めてのひな祭りがお宮参り以前に来る場合は、お祝いを翌年に延ばすことが多いようです。

■なぜ、雛人形を飾るの?
雛人形の始まりは、身代わりとして厄(やく)を背負ってもらうための人形(ひとがた)です。身に降りかかる災いを「厄(やく)」といいますが、特に小さな子供は、病気にかかったり、けがをしたりすることが多いものです。そのため、生まれた子供が健やかに育って欲しいと願いを込めて、雛人形を飾ります。

■何歳で飾るのがいいの?
子どもが生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言います。
女の子は3月3日です。そして、初節句を迎えるにあたり、ひな人形を購入して飾る風習があります。ただし、生まれてすぐなどの場合(生後1ヶ月以内)は翌年でもかまいません。

■いつ頃から飾るのがいいの?
節分が終り、立春(2月4日)頃から、遅くても2月24日までに飾りつけるのが一般的です。日焼けする恐れがあるので、できれば直射日光の当たらない場所を選びましょう。
雛人形は子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ、子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾ります。姉妹がいる場合、子どもの災厄を身代りの雛人形は、(本来ならば)兼用を避け、それぞれ別のものを飾らなければならないとされていますが、近年の住宅事情では難しい状況です。地域によっては妹に市松人形を贈る習慣もあります。

■いつ片付けるのがいいの?
雛人形は節句が終ったらすぐに片付けた方が良いとされています。雛人形は子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれるため、長い間身近においておかないで早くしまわなければ縁起が悪いと言われるからです。 また「雛人形の片付けが遅れるとお嫁に行くのが遅くなる」という話があります。いつまでも雛人形を飾っておくと梅雨も近づき、カビの心配もあることから「片付けも満足にできないようではきちんとした女性になれない、良いお嫁さんになれない」という戒めのためとも言われています。

■お母さんの雛人形を飾ってはいけないの?
雛人形は、その子の厄(やく)を背負ってくれる『お守り』です。お母さんの雛人形は、お母さんの厄(やく)を背負ってくれました。そして、我が子には、その子の厄(やく)を背負ってくれる雛人形を用意してあげることが大切です。

■次女には、雛人形はどうしたらいいの?
本来は、雛人形は一人一飾りが基本ですが、それは、経済的な事情が許せばということが大前提です。とはいっても、下の子に何もないのはかわいそうなものです。一般的に姉妹がいるご家庭では、次女、三女には小さめの飾りや立雛などを購入することが多いようです。

■誰が買うの?
一般的に、ひな人形は母方の実家から贈られることが多いようです。ただし地域によって慣習の違いもありますので、両家でよく話し合って決めるのが良いでしょう。最近は、両家で負担したり、夫婦だけで購入する人も多いです。
購入のタイミングとしては、ひな人形の人気商品は売り切れるのが早いので、最低一度は1月中に見に行くことをオススメします。

不景気の影響もあり、「ひな人形は高いから、買わなくてもいい」と最初から買わないという選択の方も多いですが、最近は、一般的なひな人形だけではなく様々なタイプがあり、値段も様々。日本に生まれてきたのですから、日本の伝統行事を未来に受け継ぐ意味でも、何かしらお飾りをしてお祝いしてあげられると良いなと思います。

■供養は必要?
子どもが無事成長し、結婚すると雛人形もその役割を終えます。そのため雛人形のお下がりを母親から娘にを譲り渡すのは良くないとされています。役割が終わった雛人形は、人形供養を受けてからおさめると良いでしょう。

■購入するお店を選ぶ基準は何?
  • 1.大幅に値引きをするお店は要注意です。 一般的には、定価を高く設定し、大幅に値引きをしている場合がほとんどです。
  • 2.強引な売り込みをしないお店を選びましょう。 「他のお店も見てきます」と言った時に、気持ちよく「またご来店ください」と送り出してくれるお店は、良いお店です。
  • 3.店員が、商品知識のあるお店を選びましょう。 自店で扱っている商品に関して、ちゃんと商品知識があるお店を選びましょう。高額なお買い物ですから、どんどん質問をして相談に乗ってもらい、ベストなお人形を選びたいものです。
  • 4.店員の態度がよいお店を選びましょう。 基本のマナーがなっていないお店は、商品もいい加減なことが多いものです。大切なお祝いのお品ですから、スタッフが親切で対応のよいお店で買いたいものです。
  • 5.店内の掃除がゆき届いているお店を選びましょう。 展示されているお人形がきれいに掃除されているお店は、スタッフの気配りがゆき届いているお店です。 雛人形が埃をかぶっているようでは、アフターサービスも期待薄です。
  • 6.歴史があるお店を選びましょう。 歴史の長いお店には、それなりの理由があります。それゆえ、創業○○年というのもひとつの目安です。
  • 7.常設のお店を選びましょう。 人形店の中には、シーズンだけ営業しているお店もあるので、注意が必要です。毎年飾るお人形ですから、壊れたり傷付けてしまった時に、シーズンオフでも親切に修理に応じてくれるお店を選びましょう。

■人形の街として浅草橋や岩槻の名前をよく聞きますが、どんな所?
浅草橋(東京都)も岩槻(埼玉県)も江戸時代から続く人形の街ですが、浅草橋(東京都)は人形を販売する街。岩槻(埼玉県)は人形をつくる街として発展してきました。 歴史的には、江戸時代に五代将軍・徳川 綱吉公が京都から人形師を招き入れ、岩槻(埼玉県)で製造した人形を浅草橋(東京都)で売る仕組みを築いたといわれています。 今では、岩槻(埼玉県)にも多くの販売専門店があり、浅草橋(東京都)と勢力を2分するようになりました。

■京雛と関東雛の違いは何?
京都は雛人形の発祥の地として有名であり、そのため、京都で作られる雛人形を特別に「京雛」として区別することがあります。しかし、ひな祭りの風習が盛んになった江戸時代には、京都から多くの人形師が江戸に招かれて人形の生産を始めたので、関東(江戸)も京都も、人形の作り方に大きな違いはありません。

■お人形の名前と役割

親王(しんのう) 親王(しんのう)
内裏雛という男女一対の人形のことです。
貴族の殿と姫を形どったもので、男雛は束帯姿でしゃくを持ち、女雛は十二単を着て、桧扇を持っています。

官女 官女
貴人のせわをする待女を形どった人形のことです。三人一組で三人官女ともいいます。向かって右側から、長柄の杓、三方、銚子をもっています。

五人囃子(ごにんばやし) 五人囃子(ごにんばやし)
子供の姿をした五人一組の人形のことです。能楽の囃子方を形どっています。向かって右から、謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓を演奏しています。

隋身(ずいじん) 隋身(ずいじん)
貴人の警護をする左近衛、右近衛の舎人を形どった人形です。儀丈姿で弓をもった老人と若者の二人一組です。別名で、矢大臣、または、左大臣、右大臣とも呼ばれています。

仕丁(しちょう) 仕丁(しちょう)
貴人が外出するときの従者を形どった三人一組の人形のことです。向かって右から、立傘、沓台、台傘をもっています。別名、衛士とも呼ばれています。

雛道具 雛道具
雛道具には、菱高三方揃(菱餅、高坏、三方)、嫁入り道具(箪笥、長持、鋏箱、鏡台、火鉢、台子(茶道具)、膳揃い)、牛車、お駕籠、重箱などがあります。

雛道具 花飾り
一般的には桜・橘(「右近の橘」、「左近の桜」)ですが、木目込み人形の場合、多くは紅白梅(紅梅・白梅)を飾ります。

雛道具 雪洞(ぼんぼり)
一般的には雪洞ですが、木目込み人形の場合、多くは燭台(しょくだい)を飾ります。