金林真多呂。昭和7年、東京に生まれ、幼少より父 初代真多呂について人形制作を学ぶ。昭和30年、慶応義塾大学卒業。在学中より彫塑やデッサンを学び、平安朝風俗人形をはじめ、創作木目込人形を多数発表し高い評価を得る。昭和53年、通産大臣指定 伝統工芸士に認定され、昭和61年には東京都ひな人形卸商協同組合 理事長に就任。昭和63年、社団法人日本人形協会 会長に就任。平成10年、業界内外における数々の功績が認められ、藍綬褒章を授章。現在に至るまで、コンクール等で数々の賞を受賞し、現在は社団法人日本人形協会 名誉顧問。人形の原型はすべて一体一体丹念に作り上げられています。だからこそ、真多呂人形はいつまでも飽きのこない、眺めれば眺めるほど味わい深い逸品に仕上げられるのです。 木村一秀。1948年、木村弁之助(一秀)による創業以来、江戸時代の元文年間にはじまる木目込み人形の伝統技法を受け継ぐ一秀。江戸時代からの伝統手法を受け継ぎながらも現代感覚を調和させて 人気の伝統工芸師。 女性ならではの色彩感覚には定評があり、毎年ネオクラシックを テーマにした新作を発表している。 長年の功績により通産大臣指定伝統工芸師にも認定され、 女流作家の第一人者でもある。
古典美に現代感覚を取り入れ、洗練された気品を漂わせる優雅な人形は、時代を超えて多くのお客さまに愛され、高く評価されています。いまでは、新ブランドの秀櫻をはじめ綾乃ブランドなど、気品あふれる木目込み人形をお届けしています。 柿沼東光。昭和23年9月東京都荒川区生まれ。昭和46年株式会社吉徳大光に師事。 昭和49年に伝統工芸士柿沼東光に 師事し以来江戸木目込人形製作に専念。華麗なる色彩による親王飾り、風俗人形などを発表。とりわけ螺鈿の象嵌や彩色二衣重の木目込み人形など独自の技法を学び、 技術向上に努めながら、常に“時代の今”を見つめ、斬新な作品づくりに取り組むスタイルで新しい東光ブランドを築いている。新しい価値の中に継承される伝統技術を生かし、日本人の心の中に流れる、日本古来からの伝統美を作品に込める事こそ柿沼東光の業の真髄であると自負いたしております。 松崎幸一光。大正九年東京の下町 下谷竹町に創業し、以来八十有余年に亘り、日本人形の製造を続けている。現在の松崎幸一光は三代目。主にひな祭り、端午の節句の品を製作して、伝統的で優美な人形と独自の作風による創作的な新作を製造し、特に近年は住宅環境や飾る場所のTPOを考慮して、具体的に提案する新作シリーズを毎年発表し続けている。長年、お飾りなっても飽きのこない物をと心がけ、抑えた色調と独創的な形、かわいらしさの中にも日本古来の美を表現しようと、製作を続けています。常に観察力を持って好奇心を働かせ本物を見ます。それは芸術品を見るといったことだけではなく生活の全てや人間観察、動き、姿、部分的美、精神面と関連する心と動き、表情なども大変重要なことです。 原孝洲。幼少の頃より、実父である初代の傍で人形師としての心がまえを学ぶ。18歳より、初代から人形制作の手ほどきを受け、修業を重ねる。昭和61年、初代が創りあげた人形づくりの奥義(昭和41年、文部省より無形文化財に指定される)を研鑽の末に修得し、二世の襲名を許される。その後、創作人形の分野においても数々の独創的な作品を生み出し、意欲的な活動を展開している。多くの方々からたくさんの温かい励ましのお言葉を戴きながら、今日までとても楽しくお仕事をさせて戴いて参りました。そして、これからも、私の作るお人形を通して、少しでも多くの方々に心の安らぎを感じて戴くことができれば、こんなに嬉しいことはございません。 原英洋。親心をお人形に表現してゆく -1963年、東京都生まれ。祖父は、人間国宝である人形師 原 米洲。母は、女流人形作家の原 孝洲。代々の人形師の家系で育ち、仕事歴27年。お人形の愛らしさに加え、親の思いや願いをどのようにお人形に表現してゆくか。そのことを常に大切に考えながら、お人形づくりに励んでいる。私たち「ふらここ」は、プロの人形職人たちが役割を分担して、ひとつのお人形をつくり上げてゆく人形工房です。もともとお人形は、多くの職人たちが分業で制作するものですが、私たち「ふらここ」の工房は若手の精鋭たちが結集し、 自分たちの熱い思いを形にするために生まれた人形工房です。 小出松寿。1943年生。大阪府東大阪市在住。母である初代小出愛(めぐみ)に師事し、人形の教えを受ける。昭和48年、二世を継ぎ、松寿と名乗る。日本人形から市松人形、雛人形へと、様々な人形製作に取り組む。埼玉県コンクールにて文部大臣賞受賞。大阪工芸展にて近畿通商産業局長賞受賞。また日本人形協会節句人形工芸士展にて優秀賞受賞。その他、数多くのコンクールで入賞。現在、人形工房松寿の主宰として、新たなる人形製作に情熱を傾けている。心癒される、愛される、そして夢を呼び語りかける存在・・・。そんな人形を作りたいと思い、人形着付師としての道を歩んでまいりました。私に課せられた使命は、この日本のよき伝統行事である「お節句」とそれに携る職人達の技をいかに伝えていくかなのです。 大橋弌峰。京に生まれ、京に育ち、古典京雛の名匠であり、京都府伝統産業優秀技術者であった初代大橋弌峰を父に持つ二代目大橋弌峰。先代の磨きぬかれた技と京雛の伝統を見事に継承し、風格ある古典美と斬新な当世美を併せ持つ大胆な表現で高い評価を受けている。平成元年、経済産業大臣指定伝統工芸士認定。翌平成2年、節句人形工芸士認定。平成13年には節句人形工芸士会最優秀賞受賞。近年では平成22年瑞宝単光章受章。高い評価を受ける、京都を代表する人形司の一人。古典雛人形の復元のみならず、有職故実に基づいた巧みな技を新しい分野に生かした積極的な作品にも意欲的です。正直な物しか作らないし、正直に売る。明けても暮れても毎日人形の事ばかり考えるという職人魂の京人形界の代表的職人です。 清水久遊。愛知県蒲郡市生まれ。18歳より先代の元で人形作りを、勉強、精進し、女性ならではの繊細な色彩感覚と斬新なアイディアで業界のリーダー的存在となる。 後に有職工房「ひいな」を設立。 雛人形工芸士に認定される。女流作家ならではの繊細な感性と現代のモダンを融合させた清楚で華麗な雛人形を創り続ける。久遊作のひな人形は素材に厳選された裂地を使用しております。本物に限りなく近い仕立て方、着せ方で創られおり、平安王朝の雅、その優美さを鮮やかに余すことなく再現しています。完成度の追求だけでなく、おひな様を手にしたり目にした時に心が伝わり、優しい気持ちになられるそんな人形創りを目指しています。 鈴木賢一。大正 7年、東京市浅草にて生まれる。平成5年 皇太子殿下ご成婚のお人形製作。天皇、皇后両陛下への献上品製作。その後、人間国宝 小宮康孝染色江戸小紋をひな人形にとり入れ、平成16年無形文化財の認定を受け、さいたま市より文化章を受章。平成22年[92歳]岩槻にて永眠。人形創作暦70余年は、一つ一つが「名人 賢一の技」。無形文化財 鈴木賢一の創り上げる木目込み人形は長年の確かな経験から生まれる独創的な美しさがあります。こだわりの本格「龍村裂」を使用し、美しい独特の形、そして表情と動きを感じさせる。シンプルかつ豪華で飽きのこない本物の品です。 原米洲。1893年、原米洲誕生。1966年無形文化財に指定、黄綬褒章を受章し、後に勲五等瑞宝章を受章。1973年パリのニースにおける日本伝統美術工芸展に出品し、パリの人類学博物館にて、作品が永久展示となる。翌年、皇室 東宮御所に御所人形各1点を献上。その後もオーストラリアやスウェーデンなど海外の展示会や美術館に次々と作品を出展。米洲は国から無形文化財の指定をうけてもなお人形師として勉学に励みました。東京芸術大学に通い、美術解剖学の教えをうけ、喜怒哀楽に伴う筋肉の動きについて学び、人形の顔の原型を作りの参考にしたこともそのひとつ。また、配色の研究も行っていました。理想的な人形の顔は穢れのない幼子の顔であるとし、仏様にも通じる慈愛に満ちた、ふくよかで円満な顔を製作しました。 大里彩。岩槻出身の大里彩師は幼き頃からその環境から数多くの人形と出会って来た。そこで養われた独自の世界観と見る目の厳しさは、今でも健在。現在は工房を千葉に移して日々製作に励んでいるが、外注を一切排除し、クレームの無いきれいな商品製作に心をさいている。女性ならではの、女性の為の木目込み人形造りに精通する、こだわりの女流木目込作家。江戸時代より受け継がれた技術と、伝統的な色彩に、独特の技法と独自の色彩感覚を融合させたその作品は、女性らしい優しさあふれる人形として注目を集めています。素材から仕上げに至るまで全てをオリジナルとし、鋭い感性で仕上げていくその作風は、作品の随所に現れる細やかな気配りで感じ取る事が出来る、こだわりの女流職人です。